弊社のスポーツ×IoTの取り組み

弊社のスポーツ×IoTの取り組み

弊社のスポーツ×IoTの取り組みですが、日本では、皇居マラソンや宮島マラソン、その他大会でランナー1人1人に配布する「計測タグ」を使い 完走記録を提供するサービスを2003年から提供しています。海外でも、カンボジアオリンピック委員会の主催するプノンペンハーフマラソンや、2003年から2006年までは、北京マラソン、上海マラソン、アモイマラソンで同様のサービスを提供してきました。

 

スポール×IoTの先進企業として、今後も、各種センサーとインターネットの連携により、新しい試みにチャレンジしていきます。
主に大規模スポーツイベントでイベント効率化や マーケティングデータ取得、安全対策など多々の可能性があります。

 

https://delightcorp.com/collections/organizer/products/sporthivenew-result-platform-linked-to-social-media

Related Posts

Report on the achievement of automation and decentralization of company operations by DX
To an automated and decentralized management model for the next 10 years   DELIGHT,Inc. (Chiyoda-ku, Tokyo, CEO Hiroy...
Read More
"DELIGHT Assistant" in 2021 Japan SaaS Horizontal map
We are very glad to announe that our AI powered telephony bot, “DELIGHT Assistant” is introduced in 2021 Japan SaaS H...
Read More
Launched the "c4i" initiative to support change among our corporate customers.
We have launched the "c4i" initiative to support change among our corporate customers.For more information, please ch...
Read More